2021.5.11

SDGs実現のためにカンボジアへ医療支援

菊水株式会社(本社:大阪府、代表取締役:宮 俊明)は、特定非営利活動法人 ジャパンハート(本社:東京都、代表理事長:吉岡 春菜)に保育器230万円分の寄付を行い、カンボジアの医療支援をサポートいたしました。

(左から)特定非営利活動法人ジャパンハート伊藤千晶さん、吉岡春菜さん、菊水株式会社 インターン 同志社大学布田麗さん、三重大学外間葉奈さん、立命館アジア太平洋大学野坂奏太さん

当プロジェクトの背景・経緯
弊社は、太陽光発電事業、土地開発事業を主体としたエネルギー事業を展開しております。その事業で生み出した収益の一部を寄付し、特定非営利活動法人ジャパンハートと共に、SDGs 1(貧困をなくそう)と7(エルギーをみんなにそしてクリーンに)の実現のために人のためになる活動を行っていきたいと考えています。

寄付活動の背景としましては、弊社代表が知人に誘われて、特定非営利活動法人ジャパンハートの吉岡先生の公演に行くことがきっかけになります。そこで、弊社代表が吉岡先生の話に心打たれ、「人から必要とされる人にならなければいけない」と思ったことが当プロジェクト発足の経緯になります。

国内のみならず、世界のインフラ環境をよりよくしながら、貧困をなくし、自力で頑張りきれない子供を助けるためにエネルギー事業を行う弊社が寄付を続けていきます。世界が、少しでも笑顔が増えるように活動を行なっていきたいと考えています。

◾️特定非営利活動法人ジャパンハート

私たちジャパンハートは、2004年の設立以来、 「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に 国、地域、人種、政治、宗教、境遇を問わず、全てのひとが平等に医療を受けることができ、 “生まれてきてよかった”と思える社会の実現を目指し活動しています。

一覧に戻る

太陽光発電と土地開発の「菊水株式会社」

メールはこちら